MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

一人暮らし引越しナビ

一人暮らしを始める最初の一歩である、家探しから引越しするまでにやっておくべき事と、引越しした後にやるべき事についてお話したいと思います。
初めての引越しや初めての一人暮らしは、やる事成す事手探りですし、要領よく行っていく事ができません。

 

https://osakado.cc/

一人暮らし引越しサイト

 

目次

 

一人暮らしの引越しとは

 

一人暮らし引越し

 

それまで実家暮らしが当たり前だった人にとって、一人暮らしとは憧れ以外の何物でもないはずです。
なんといっても一人暮らしの良さは家族に干渉されず、好きな時に好きな事が好きなだけ出来るという、とても高い付加価値があります。
そして一人暮らしをする事で、より高い生活力を身に付ける事もできるため、早い段階から家を出て一人暮らしを始める若い人がいます。
確かに実家も良さがあります。
実家だと家賃や光熱費、食費といった心配がありません。
とにかく実家暮らしは一人暮らしに比べて費用面のコスト負担がとても軽いのです。
しかしいつでも家の中に家族が居て、何だかんだと言われ、好きな時に好きな事を好きなだけする事ができないというストレスは、費用面と天秤にかけた時、甲乙つけがたいものがあります。
このように実家暮らしには実家暮らしの良さがあり、一方で一人暮らしには一人暮らしの良さがあるのです。
今回は一人暮らしを始める最初の一歩である、家探しから引越しするまでにやっておくべき事と、引越しした後にやるべき事についてお話したいと思います。
初めての引越しや初めての一人暮らしは、やる事成す事手探りですし、要領よく行っていく事ができません。
特に春から大学や就職などで都会へやってくる地方の若い人からしてみれば、刺激の多い都会に期待する部分と、ちゃんと生活していく事が出来るのかなといった不安の両方が併存しているはずです。
そんなこれから始める一人暮らしがどういうものなのかを、既に一人暮らしをしている人達の経験と教訓をまとめたデータベースが今回のコラムになります。
一人暮らしは何も怖くはありませんし、多くの人が手探りから始め、軌道に乗せています。
しかし一人暮らしには住む環境に関する問題や、孤独が原因で自分自身のメンタルが破壊される可能性もあり、リスクがないと言っては嘘になります。
そんな光と影が共存する一人暮らしを、引越しするところからマニュアル化していきたいと思います。

 

一人暮らしの引越しを始めるメリット

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしを始めるタイミングとは人生において、何かの決断をした時である場合が多いかもしれません。
たとえば受験後に遠方の学校に進学することになった時、実家から通える学校に進学するか、それとも遠方の学校に進学し一人暮らしを始めるかで岐路に立ち、決断します。
また就職する際も実家から通える就職先を選ぶか、それともやりたい事を目指し、一人暮らしをして遠方で就職するかと岐路に立ち決断します。
このように一人暮らしはそれぞれの人生の選択肢の結果として起こることであり、最初から一人暮らしありきで一人暮らしをする人は案外少ないのではないでしょうか。
しかし一人暮らしをした事のない人からしてみると、一人暮らしは不安以外の何物でもありません。
引越しの準備から生活の全てを一人でやっていかなくてはならず、生活力がない人はとにかく不安しかないはずです。
しかし一人暮らしをするメリットも全くない事もありません。
一人暮らしをすると家族に気を使う必要がなくなります。
また家の中で過ごす時間の制限もありません。
したい時にしたい事をしたいだけ出来る自由があります。
また生活力が大きく高まります。
生活用品の全てを自分の判断で購入し、食事もすべて自分で用意していかなくてはなりません。
しかしその反面責任も伴い、家に纏わるすべての事が自分の責任になります。
仮に寝坊して遅刻しても自分の責任です。
食事が偏って栄養不足が起きても自分の責任です。
これら良い面と悪い面両面が共存していることで、その人を大きく成長させます。

一人暮らしにはこういった良さがあるのです。

 

一人暮らしの引越しをして自分だけの時間を謳歌しよう

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしによって受けられる恩恵は意外なほどたくさんあります。
なにより家族という社会がないため、時間的な束縛が一切ありません。
友達だって呼びたい時に呼べますし、彼氏彼女が来たとしても、家族に気を使う事はありません。
また食生活においても食べたい時に食べたいものを食べたいだけ食べる事が出来ますし、テレビもゲームも好きなだけ楽しめます。
これだけ一人暮らしのメリットを列挙すると、それこそ自宅から出たくなくなるかもしれませんが、一人暮らしというのはこういうことなのです。
とにかく極上のおひとり様時間を過ごす事ができます。
ただ極上のおひとり様時間を過ごすことは、それだけコストがかかるという事であり、コストと生活レベルは比例します。
たとえば極上のおひとり様時間に憧れ、広い部屋の賃貸マンションを探し、そこに引越ししたとします。
しかし広い部屋は家賃も高くまた使用する電力も狭い部屋の何倍にもなります。
エアコン1つとっても部屋が涼しくなる荷のかかる時間、へやが温まるまでにかかる時間は狭い部屋の何倍にもなりますし、それだけ電力消費量が高まります。
また広い家に引越しすると掃除も大変です。
狭い部屋なら1時間程度で掃除出来たものが、広い部屋だとそれこそ1日がかりの掃除になってしまう事もあるのです。
しかし広い部屋に引越しする解放感と、ラグジュアリーなおひとり様時間には代えがたいものがあり、一度一人暮らしをし出すとやめられない魔力があるのです。

 

一人暮らしの引越しをして家族に気遣いなく友達も呼べる

 

一人暮らし引越し

 

実家暮らしを長い事していると一人暮らしの良さを心から実感します。
特に若い時は新しい人脈が広まる時ですし、友達とのコミュニケーションも多くなります。
しかし友達と外で会うとなると、どうしてもお金が掛かってしまい、ただ会って話をするだけなのに、1回で何千円もかけるのは合理的とは言えません。
やはり費用をかけずにプライベートを充実させたいと思うのが普通です。
そこで自宅に友達を呼びたいところですが、一軒家ならまだしも、マンションとなると友達を呼ぶにも、家族のいる手前、なかなか呼びづらいところがあります。
またそれを気にせずに友達を呼ぼうものなら、翌日家族からこっぴどく嫌味を言われるのがオチです。
そう考えると実家暮らしは息苦しくもありますし、出来る事なら一人暮らしのために、早く引越しをしたいところでしょう。
確かに一人暮らしをすると、友達を時間に関係なく呼ぶ事ができますし、また彼女や彼氏も気兼ねなく呼ぶ事ができます。
特に異性を自宅に招くとなると、本当に両親や兄弟に気を使う必要があり、互いによそよそしくなってしまいます。
二人っきりの時間を過ごしている時、二人の関係が気になった母親や父親がいきなり部屋に入ってくることも想定できますし、兄弟と相部屋なら兄弟に部屋から出て行ってもらわなくてはなりません。
しかし実家から離れ、一人暮らしを始めればそんな心配は一切不要なのです。
いつでも気兼ねなく恋人を呼ぶ事が出来ますし、二人だけの時間を充実させる事ができるでしょう。

 

一人暮らしの引越しをして土地知らない街を散策

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしを始める時、引越しした後の最初の楽しみのひとつに周辺散策があります。
これから自分の住む街がどんなところか知る為の散歩は、意外と新しい世界を知るきっかけになります。
またある程度自宅の生活圏を知っておく事は、その街で住んでいく為には必要な知識です。
例えば病院の場所や市役所や区役所の場所、スーパーや薬局の場所や駅から徒歩で歩く距離と時間などはこれからその街で生活していく上で、絶対に必要不可欠な経験と情報になります。
引越しをしたらまずはその街と土地の事を良く知っておく必要があります。
特に古い歴史を持つ街になると、その地域の歴史や情報を知っておく事は必須ですし、そもそも不動産業者がその土地に関する情報を提供してくれるでしょう。
この散策は始めてみると案外楽しいもので、今まで知らなかった地元密着チェーン店のレストランを見ては、夜食に使えそうだなと想いを巡らせ、またおしゃれなカフェやバーを見つけては友達が来た時に一緒にここで盛り上がれるなど頭の中で思いを巡らせる楽しさがあります。
引越しをしたら、まずはその街やその地域の事を良く知って、充実した一人暮らしを演出してみましょう。
そして車社会だった街で過ごしてきた人なら、是非一つ用意して頂きたい移動ツールに自転車があります。
車社会で生活しているとなんでも車を移動ツールとして使ってしまいますが、都会では自転車が便利です。
自転車一つでどこへでも行く事が出来ますし、とても便利な移動ツールになってくれます。

 

一人暮らしの引越しをしたらお気に入りの店を見つけよう

 

一人暮らし引越し

 

引越ししたその街がどんな街なのかを知る事ができたなら、今度はその街のお気に入りに一店をみつけましょう。
お気に入りの一店とは、自分が心から安らぐことのできる気分転換に最適な一店です。
たとえばイケメンマスターのいるカフェでも構いませんし、窓からの景色綺麗なお店でも構いません。
とにかく自宅のサテライトプレイスを作っておくのです。
サテライトプレイスをひとつ持っておけば、そこを拠点にいろいろな新規の人脈が広がる可能性があります。
つまりお気に入りのお店の常連さんになって、お店の人と仲良くなれば、いろいろな世界が広がる可能性があるのです。引越ししたらそこは寝る為の場所ではなく、その街で生活して生きていく必要があります。
そしてそれらの情報を提供してくれるキーパーソンが必要なのです。
単身赴任などの一人暮らしの場合、滞在期間は期間限定ですし、つい割り切ってしまいその街と距離を置きがちになります。
しかしせっかく今まで知る機会尾なかった街に期間限定でも住む事ができるのであれば、その限られた時間を精いっぱい楽しんでも良いのではないでしょうか。
お気に入りの一店はその突破口になる可能性が非常に高いのです。
このお気に入りの店選びは、引越してきて間もないタイミングでするといいでしょう。
見るもの触るものすべてが新鮮な時にできる新たな人脈は話も弾みます。
となるとこのお気に入りの一店は店員とお客さんの距離ができるだけ近いお店がベストです。
つまりカフェやバー、小料理店などが妥当な線となるでしょう。

 

一人暮らしの引越し業者の料金形態を知る

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしを始める場合、それが初めてなら引越し業者選びもなかなか苦労するところです。
しかし引越し業者のサービス内容や料金形態には一つのルールと法則があります。
それさえしっかりと熟知しておけば引越し業者選びも迷う事はありません。
まず引越業者の料金形態に関してですが、料金は荷物の量と配送地までの距離によって変化します。
たとえば都内間の移動であれば、1日もかかりませんので移動費も人件費も半日分で済みますから、その時間に沿った費用で見積もりされます。
しかし九州から東京都内とか、北海道から東京都内など遠方になると、移動するためのツールが複雑になりますし、また人の手をそれだけ介していかなくてはなりません。
人の手を介して複雑な移動ツールを使うとなると、それだけ輸送コストが高くなりますので、引越し料金も比例して高くなります。
ただ一人暮らしであるため、荷物も家族の大規模な引越に比べればやや少なく、安く上げたいのであれば、いくらでも方法はあります。
しかしやはり輸送距離が長くなればいくら安い方法でもある程度の費用はかかってくるでしょう。
引越し業界で最も安いと言われている一人暮らし向け単身者の引越し用コンテナタイプで、都内から100キロ圏内の輸送の場合、7千円程度の費用で済みますが、これが都内から大阪位の距離になると、2万円台が相場となります。
さらに九州や沖縄、北海道になると輸送費は4万円を超える場合もあるのです。
このように一人暮らしの引越しは距離に準じて算出されます。

 

一人暮らしの引越しは大手が良いか?中小が良いか?

 

一人暮らし引越し

 

引越し業者を捜す時、初めてだからこそ大手が良いとか、中小の業者の方が初めてのお客さんに対して親切で丁寧に接してくれるとか、様々な意見が世間にはあります。
しかし引越しにおいて最も重要な事は物損事故がない事です。
引越しする際によくあるハプニングに物損事故があります。
たとえば大型家具を運搬中に、部屋の壁紙を傷付けてしまったとか、ガラス製品運搬中にそれを破損してしまったといったトラブルです。
こういった引越しにおけるトラブルはない事が望ましいのですが、人が行う仕事である以上、事故は避けられません。ただ問題は事故が起きた後の対応です。
事故が起こった時に引越し業者としてどのような対応を見せるかが肝心なのです。
物損である以上は当然弁償が伴います。
またお客さんの精神的ダメージを和らげるために会社としてシッカリとケアしていく必要があります。
しかし引越し業者の中には事故が起きた時の対応も、ただ物損事故として処理してしまい、保険で支払うから勘弁してくれといった事を平然と言ってのける業者も少なからずいるのです。
最近は大手引越し業者も社員教育の一環として物損事故をどれだけ減らせるかをテーマに、実際の家を建てて引越し訓練が出来る施設を建設するなど、事故防止に積極的に投資しています。
その訓練の成果が最近になってようやく表れてきているせいか、大手の引越し業者の物損事故件数は年々減少してきています。
一方でなかなか減らないのが中小の引越し業者で、事故後の対応も大手に比べ雑であると言われています。

 

一人暮らしの引越しの事故やトラブルの多い業者の特徴

 

一人暮らし引越し

 

良い引越し業者というのは物損事故がなく、時間に正確で与えられた仕事をキッチリしてくれる業者が良い引越し業者です。
一方悪い引越し業者というのは、物損事故を起こしても対応が総じて後手になり、誠意もなく謝罪もない会社や、また引越し日の約束の時間になっても来ない業者がそれにあたります。
これらの業者の違いはどうして生まれてくるのでしょうか。
そもそも良い引越し業者というのは徹底した従業員教育を図っています。
そしてその従業員教育の中から、お客さんにとってどのようなサービスが良いサービスなのかを、日々研究しています。
その研究と従業員教育を惜しまなかった引越し業者だけが、良い引越し業者として名を上げていくのです。
もし運搬中や荷物搬送中に物損事故を起こしてしまい、荷物が破損したような場合のトラブルシューティングが徹底されています。
一方トラブルの多い引越し業者は、一度の失敗から何も得ることなく、経験を伝搬していきません。
つまり教訓として生かさないのです。
そのため一度お客さんとトラブルを起こすと、同じようなトラブルやミスを何度も起こしてしますのです。
トラブルの多い引越し業者の特徴に、手際の悪さがあります。
トラブルの多い業者は決まって手際が悪く、準備不足が否めません。
こんな引越し業者に頼んでいいのか不安になってしまうくらいです。
事故やトラブルの多い業者をできるだけ回避するのであれ江波、まずは引越し経験値の多い大手から選んでみては如何でしょう?
経験の豊富さから手堅いサービスを受ける事が出来るはずです。

 

評判の良い一人暮らしの引越し業者の探し方

 

一人暮らし引越し

 

評判の良い引越し業者を探す方法はいくらでもあります。
例えばこれまでに行った経験値だけで判断するのであれば、上場している引越し専門会社が良いでしょう。
しかもその中でも年間の引越し請負件数を公開している引越し業者が安心です。
経験値だけで見てもやはり経験不足が否めないのが、中小の引越し業者と個人事業主でやっている運送会社です。
これらはそもそも運送の段取りについては詳しくても、運搬の事に関しては殆ど経験がありません。
一人暮らしの引越しは只でさえ荷物が少ないのに、それでさえ物損事故を起こしてしまう場合があるのです。
従って評判の良い引越し業者をできるだけ探すのであれば、まずはネットで大手引越し業者のこれまでに扱った引越しの取扱件数と、年間の引越し取扱い件数を見比べると良いかもしれません。
また大手でも訪問時間に正確であるとか、引越費用の見積もりが判りやすかったり、費用のしくみ簡単だったりといろいろな評価点があり、それらを正確に評価しているサイトを一度見てみると良いかもしれません。
特に引越し見積もりは重要で当初の見積額と、実際に引越しした時の価格差が、大幅に乖離するなんてことはよくあります。
必ず見積もり額通りに行かなかったとしても、できるだけ引越し見積もり額に近づけてくれるような引越し業者が良心的ですし、ありがたい引越し業者といえます。
一人暮らしの引越しは出来るだけコンパクトにスッキリと行いたいものです。
そんな理想を現実的にしてくれる引越し業者を探すようにしなくてはなりません。

 

こんな一人暮らしの引越し業者は避けること

 

一人暮らし引越し

 

家族や友人からの情報が一切ない中で決める、引越し業者選びは何とも心細いものです。
どこの引越業者が良いのかをネットを使った客観的な視点だけで調べなくてはならないのです。
これが一人暮らしになると余計に勝手がわからず、戸惑ってしまうかもしれません。
そんな一人で引越しする人の心に漬け込んで、シッカリと稼いでいこうとする輩が引越し業者の中には存在します。
たとえば初めての一人暮らしだからといって、ライフラインの設定全てを引越し業者が代行するサービスや、ネット回線の設置手続きや初期設定もすべて引越し業者で執り行ってくれるサービスを提供している引越し業者がいます。
確かに非常に便利なサービスですし、また上手に活用したいものですが、如何せん費用がけっこうかかりますので、果たしてそれでいいのかな?と疑問に感じます。
しかし相手の引越し業者もプロですから、最初の見積もりの段階でこれらのサービスをオプションで組み入れる事を最初から目論んでいるのです。
ですから見積もりの時にあの手この手でなんとかして付帯サービスを組ませようとします。
特に一人暮らしの方は不安をあおりやすい事から、ついオプションで組んでしまいそうになります。
しかしその費用が思いのほか高く、引越し後になってそもそもそのサービスは本当に必要なオプションだったのか?と自問自答する事があります。
確かにオプショナルは便利ですが、オプショナルを必要以上に熱心に売る引越し業者は、少々危険な臭いを感じます。

 

一人暮らしの引越しで重要な料金見積もり

 

一人暮らし引越し

 

引越し業者選びで特に重要な項目に、料金見積もりを厳格にするというルールがあります。
引越しという仕事は何かとオプショナルを付けやすい、すそ野の広いビジネスであるため、カモにされるときは徹底してカモにされることになります。
それは商品に別料金で次々にトッピングを付けることが出来る、某カレーショップの注文方式とよく似ています。
オプショナルというのは、引越しという運搬作業以外の仕事も別料金でやってくれるというもので、例えば新居へ引越しした後の、部屋の掃除や新居へ入居後の部屋の掃除といった作業を受け負う業務、また作業スタッフを希望で増員する事もできますし、引越し後のネット回線の設営や面倒なライフラインの解説手続きなど、あらゆる面で引越し業者が介入してきます。
確かに一人暮らしを始める者としてはこういったサービスがあると非常にありがたい限りですし、便利なサービスであれば利用したいところですが、安く上げる事はできません。
もし引越し代金を安く上げるのであれば、出来るだけこういったサービスはオプショナルで付帯せず、自分で出来る事は極力自分で行い、使える無料サービスは、とことん使い倒すくらいの気持ちが必要です。
その為にも引越し業者の見積もりの段階で、削れるところはどんどん削るくらいのことが出来なくてはいけません。
そして限界まで料金を下げさせ、出来る事は自分でやる事と、使える無料サービスは徹底的に使う事の2点をしっかりと守れば、驚くほど安値で引越しを請け負ってもらう事が出来るはずです。

 

いくつかの業者に一人暮らしの引越しの見積もりさせる

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしの引越しにおいて料金見積もりの重要さがお分かり頂けたかと思いますが、今度は複数ある引越し業者に料金見積もりを取らせ、その中で一番安い見積もりを取った引越し業者に仕事を請け負わす方法を伝授したいと思います。
まず引越し業者というのは日本全国に何百社とあり、その中で自身の引越し先まで荷物を運搬してくれる引越し業者を絞り込みます。
次にその引越し業者の中で、自身の希望する引越し決行日に、自宅の荷物を搬出してくれる業者を選び、その中でも格安で請け負ってくれそうな業者をネットで見極め、見極めた数社に直接自宅に来てもらい、料金見積もりを取らせます。
実はこの料金見積もりで訪問する業者は、後に来る業者の方が、格安料金を提示するという不思議な法則があります。
最初に来た引越し業者は料金見積もりで8万を提示したとします。
次に来た業者の見積もり額は10万円だった時、先に来た業者が既に8万円で請け負ってくれるといった旨を伝えると、2番目に来た業者が本気でその仕事を請け負いたいと思っていれば、料金割引に応じるはずです。
もし料金割引に応じなければ、先に8万の見積もりを提示した業者に引越しを依頼すればいいだけです。
つまり入札させる事で業者間の割引を煽るのです。
こうする事で後に来た業者は先に来た業者より、見積額は低い金額で提示する傾向にあります。
引越し作業を依頼するのであればできるだけ、たくさんの業者に見積もりを取らせる事が結果的に格安で引越しを済ませる事につながるのです。

 

一人暮らしの引越し業者を使わず自分で運搬

 

一人暮らし引越し

 

もし引越しを究極的に安く上げるのであれば、引越し業者は使わずに自分自身で運搬する方法が最も最安で出来る引越しになります。
ただ自分自身で行う引越しになると、条件が限られます。
まず自分自身で軽トラックを運転しなくてはならないため、運転免許証を持っている事が前提になります。
また家の家具を運ぶ上での人員も必要です。
一人暮らしの引越しですから、そんなにたくさんは要らないでしょうが、最低でも作業を円滑にできる程度の人員は必要です。
従って免許証を持っており、引越し手伝いを手伝ってくれる人脈がある事が前提となります。
引越しを手伝ってくれる人脈があったとしても、いざ決行日になって急に予定が入ってしまい、手伝いに行けなくなるなんてことがあってはいけませんので、友人とはいえ、少しはバイト代を払って雇ってあげた方が良いかもしれません。
本当に大事な場面を乗り切る時はわずかでも賃金を支払う方が、責任感が生まれ結果的に良い効果を発揮します。大事な場面のボランティアほどいい加減なものはありません。
またもしあなたが運転免許を持っていなかった時、免許を持った友人に来てもらう事で車の運転という問題が解決します。
もし自分自身で車を調達し友人に引越しを頼むとしたら、いったいいくらくらいで済むのでしょうか?
まず車を借りる為のレンタカー代金は1日1万円程度と思っておいた方が良いでしょう。
そして手伝いに来てもらう友人の人件費が1日拘束で一人5千円、2人来てもらうと合計1万円になりますので、トータルで2万円もあれば引越しは可能になります。

 

時期によって大きく変わる一人暮らしの引越し料金

 

一人暮らし引越し

 

引越し費用というのはその決行するタイミングによって料金が大幅に変わってきます。
なんでもそうですが、シーズンによって変動のあるホテルなどと一緒で、引越しにも繁忙期に差し掛かるオンシーズンと、閑散期にかかるオフシーズンによって料金が大幅に変動します。
引越し業界のオンシーズンとは9月から10月、12月から1月にかけてがオンシーズンでそれ以外は基本的にオフシーズンにあたります。
しかしこの中でも特に繁忙に差し掛かるのが、民族大移動とも言っていいくらいのタイミングである3月です。
3月は転勤や進学や就職で引越し需要が極端に高まります。
従って引越料金も極端に値上がりし、また決行日もすでに先約が入ってしまって、対応できない引越し業者が多くなります。
一方で閑散期でも特に暇な季節は7月と8月でこの時期の引越しは、定価の料金より3割から大胆な業者なら半額で請け負ってくれる業者もあるくらいです。
このように引越し業界もリゾートホテル並みに繁忙期と閑散期の価格差が大きく、お得に引越し出来る時ならとてもお得に引越しができますが、繁忙期は完全に足元を見られますので、ある程度の金額は覚悟しておいた方が良さそうです。
もしこれから一人暮らしを考えており、格安で引越しを決行する事を考えているのであれば、閑散期である7月から8月くらいに決行したほうが、大変お得に引越しをする事ができるでしょう。
そして繁忙期は完全に足元を見られる見積もりで提示されることも知っておくべきでしょう。

 

一人暮らしの引越しでポイントをうまく活用する方法

 

一人暮らし引越し

 

引越し業者によっては提携しているポイントサービスと提携している引越し業者もあります。
引越し業者にとって一人でも多くのお客さんの獲得は企業としての大きな課題であり、如何にして他社にお客さんを奪われないか、また上手に囲い込みをしていくには、ポイントサービスとの提携が必要なのです。
例えば大手引越し業者の中には、Tポイントと提携し、引越費用の一部をポイントで支払う事ができます。
また引越し費用をそのままポイントサービスに還元する事もできるのです。
このポイントサービスとは最近ではTポイント以外に、楽天ポイントなどに還元する事ができます。
また楽天カードで決済すると、楽天ポイントで費用の一部を支払う事ができるのです。
このようにポイントサービスと提携し、上手にポイントを貯める事ができ、また使う事ができる引越し業者は昨今急増しています。
特に大手を中心にポイントサービスとの提携は進んでおり、極端な話、貯めるだけ極限まで溜めて、引越し費用の全部をポイントで使う事だって不可能ではないのです。
もしポイントサービスを利用されている方なら、上手にポイントを活用し格安で引越し費用を上げてみましょう。
一人暮らしはなにかとお金がかかるものです。
そして1円でもお得に引越し費用をあげるのであれば、引越し費用の節約がとても重要なのです。
そんな時にポイントを使える引越し業者あればその業者を上手に使い、手堅く引越しを考えるのもいいかもしれません。

 

一人暮らしの引越しはライフラインの確保を忘れずに

 

一人暮らし引越し

 

引越し作業が一通り終わり部屋の中のレイアウトの段取りも済んだら、今度はライフラインの手続きをするめなくてはなりません。
ライフラインとは電気とガス、水道と固定回線の電話の事を指し、引越し作業が終わったあとに必ず行う手続きになります。
一人暮らしであってもそこに人が住むわけですから、忘れずに行わないと生活していく事はできません。
ではこのライフラインの手続きに関してどのような方法があるかと言いますと、最近ではネット上で開設契約、または転居に伴う移転手続き契約が出来てしまいます。
ただそれは民間のガス会社や電力会社に限った話で、水道に関しては自治体が管理しているものになりますので、転居した時に住民票を市役所へ持って行くと思いますが、その際に水道の開通手続きをやってしまう方法が良いでしょう。
電話については最近だと固定回線限定の過程は少なく、多くの場合ひかり電話や、電話回線とネットプロバイダがセットになっている事が多いようですので、先ずはプロバイダに引越しした旨を伝え、移転に伴う通信環境の設置工事をしてもらう必要があります。
ひかり電話ならケーブルを部屋の中に入れる必要が有りますし、またADSLであればモジュール設置工事が必要になります。
そして移設工事が完了してようやく快適な生活を手に入れる事が出来るのです。
引越しは引越しするだけではなく、こういった豊かな生活を送る為の環境整備も必要なのです。
引越しをする前にライフラインの確保に関してどのように行うのか、一度連絡先や方法をまとめたノートを作っておくと良いでしょう。

 

一人暮らしの引越しの際住民票など行政手続きをする事

 

一人暮らし引越し

 

引越しをしたなら普通に考えればその日から、その街とその地域に住民になりますので、区役所か市役所へ住民票の移転手続きが必要になります。
住民票の移転が完了しないと、正式にその街の住民とはみなされないのです。
どういう事かといいますと、住民票を移転するということは、行政で管理される住民という扱いになりますので、納税の義務が発生します。
納税義務が発生するという事は、1年に1回行政機関から納税通知が送られ、それを支払う義務が発生するのです。
従ってこのルールを良く分かっていない大学生が、一人暮らしをするからといって、地方から都会に出てきて免許証の住所をその住んでいる街の住所にしたいからと、住民票を移すと確かに免許証の住所は引越し先の住所に変わりますが、その日から納税義務が発生し、学生でありながら所得に応じた金額を納税していかなくてはなりません。
従ってまだ働いてもいない大学生なのであれば、住民票は実家住所に残しておき、親の扶養に入った中で納税は親に任せておくのが良いかもしれません。
確かに免許証の本人確認資料の住所は、実家住所になりますが高額な税金を支払っていくのはけっこう厳しいかもしれません。
ただ引越しによって住民票を変えなかった事で受ける不利益もあります。
例えば何らかの事情で引越し先住所に住民票を変えず、免許証住所が実家のままだったりする場合、免許証住所と現住所が違うという理由で銀行口座が開けません。
また電力会社やガス会社などの契約においても同様な理由で、契約が出来ない場合がありますので、注意が必要です。

 

一人暮らしの引越しの際の銀行やクレジットカードの住所変更

 

一人暮らし引越し

 

引越し後の行政手続きと同じくらい面倒くさい業務に、銀行やクレジットカード会社への住所変更手続きがあります。
しかしクレジットカードならまだしも、銀行へは住所変更をすべきなのでしょうか?
答えはイエスで、銀行への住所変更をしておかないと、万が一銀行から何らかの通知をする際に、その通知が届かない事になります。
新居あてに転送をかけていても、一般的に銀行や行政機関からの通知というのは、重要度が高いもの多い事から転送不要郵便です。
従って転送がかけられていたとしても、そのまま送り主の元へ送り返されるのが一般的です。
クレジットカードやローンカードに関しては、住所変更をしないと請求書や利用明細書が送れませんので変更手続きは必須です。
しかし銀行もクレジットなどと同じように考えるべきであり、一人暮らしを始めたら速やかに引越しした事実を通知する必要があります。
また銀行で住宅ローンやフリーローンなどの借り入れがあった場合、必ず連絡をいれなくてはなりません。
もし引越しをした事実を伝えなかった場合、継続した借入が出来なくなる可能性があるのです。
銀行やクレジットカード、また保険会社やローン会社などの何らかの契約をしているのであれば、これらすべて変更しておくべきと考えたほうが良いかもしれません。
また引越しによって住所が変わりますので、当然電話番号も変わります。
携帯電話しかないのであれば問題ありませんが、固定電話が登録の電話番号になっているのであれば、電話番号が変わった事も伝える必要があります。

 

一人暮らしの引越しの際近隣住民への挨拶をするべきか?

 

一人暮らし引越し

 

かつて引越しをした時は近隣住民、マンションなら同じフロアに住んでいる人くらいには、引越しで入居してきた事の挨拶はすべきと言われてきました。
ところが昨今は、隣近所との人間関係が希薄になってきた事から、こうした習慣が特に都心部を中心に失われてきています。
またマンションによっては、挨拶すら禁止しているマンションもあるくらいです。
このように時代と共に引越し後の挨拶を割愛してしまう傾向にありますが、果たしてそれでいいのでしょうか。
例え一人暮らしとはいえ、近隣住民と挨拶をするメリットというのはいくつもあります。
まず、マンションであればお隣さんを知る事で、不審者の侵入を阻止する事が出来る場合があります。
もしご自身が家に帰ってきた時、お隣さんの家の周りをうろうろしている人が居たとしたら、それは不審者の可能性があります。
また一人で住んでいるのか、または家族や夫婦で住んでいるのかを把握する事で、普段見ない住民がマンション内に入ると不審者と判断し、住民同士が協力して不審者を威嚇する事ができます。
昨今、特に一人暮らしの人が多く住む単身者マンションにおいて、隣近所とコミュケーションが希薄になりつつあると言われていますが、結局は希薄にするもしないもその住民の判断です。
万が一犯罪にご自宅が巻き込まれた時、時に頼りになるのは、実はお隣さんだったりします。
犯罪抑止や防犯の観点で見れば、お隣さんくらいには引越しの挨拶をするのがマナーです。

 

いわくつきの物件に一人暮らしの引越しをしてきた時

 

一人暮らし引越し

 

最近はネット情報が簡単に手に入れる事が出来るようになったこともあり、マンションなどの集合住宅の事故物件情報を簡単に手に入れる事が出来る時代になりました。
こうした事故物件に万が一、引越ししてきてしまった時、また事故物件を引越し前に避けるための方法をここでご紹介したいと思います。
まず引越し前であれば、ネット情報や不動産情報、またその土地に関する情報を仕入れるために、地域の図書館などへ出向きとにかくその物件や土地に関する情報を仕入れる事が肝心です。
特に西日本に多いのですが、歴史的に曰のついた土地というのは、地域の名前が既に怪しい事があります。
もしマンションのある地名を見た時、おかしな漢字が使われていると思った時は、一度その地域を管轄している図書館へ出向いて調べてみると何かわかるかもしれません。
また繁華街近くのマンションというのは、案外事故物件が多いものです。
決めつけるのもあまり良くないのはわかっていますが、実際事件や不審な死が多く発生して居る物件の多くが、都市部の繁華街に集中して居ます。
こういった事から、極端に安い物件や極端にリノベーション、またはリフォームされている物件である時は、少し警戒した方が良いでしょう。
そして不幸にもいわくつき物件に引越してきてしまったら、一人暮らしですし、そこに住み続ける事が精神衛生上あまり良くありませんので、できるだけ速やかに退去した方が良いかもしれません。

 

一人暮らしの引越しはをするとお酒が増える?

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしは時間にも行動に一切制限がなく、実家暮らしに息が詰まっている人からすると憧れでもあります。
また交友関係に関しても家族から一切干渉が無いため、自宅にも自由に友人や恋人を招き入れる事ができます。
しかし実家から引越ししてみて、一人暮らしを始めてみて感じる事があります。
それは孤独です。
一人暮らしは行動も時間にも一切制限がない為、自由である反面人とのコミュニケーションを絶とうと思えば断つ事が出来る上、そのままずっと自宅に籠るのも、外に出るのも自分の自由ですから、ここで自宅に籠る事を選択すると社会との接点が一切なくなる事になります。
そうなると人は孤独を感じやすくなり、その寂しさを紛らわすために、色々な行動を無意識に起こします。
人によっては外に出て友達を作る方向に行く人もいますし、また人によっては自宅でお酒に走る人もいます。
都会だと外に出れば何かと刺激がありますが、その分お金もかかりますので、お手軽に寂しさを紛らわすには、自宅でお酒を飲む事が一番安上がりな方法かもしれません。
そのため一人暮らしを始めると、どうしても無意識にお酒の量が増えがちになってしまう人がいるのです。
お酒を飲めば寂しさは紛れます。
しかし飲み過ぎても、それにブレーキをかけてくれる人はいませんし、飲めと煽る人もいません。
飲むも飲まないもすべて自分の判断と責任になります。
こうなると精神衛生上、あまり良くありませんのでできるだけ外に出て、おカネのかからない人間関係を築くように工夫が必要となります。

 

一人暮らしの引越しをすると外食する頻度が劇的に増える傾向に

 

一人暮らし引越し

 

実家暮らしをしていた時は、1日3食しっかりと家族が用意してくれた食事も、引越しして一人暮らしを始めたら、その支度も全部自分自身で行う必要があります。
しかし今まで食事を準備する習慣のなかった人が、いきなり今日から全部自分の食事の支度をして、食器の洗い物もすることは中々出来ない事です。
仮に出来たとしてもそれを1週間続ける事がとても難しい習慣となります。
そんな時、便利なツールがコンビニや飲食店の存在です。
地方から都会に引越ししてくると、こういった便利なコンビニやレストランが思いのほか身近にある事に驚かされます。
そしてついこういった便利なツールを使ってしまいがちです。
しかし毎日1日3食、全部を外食で済ますといったい月間いくらかかるか見当もつきません。
都会は地方に比べて所得水準が高いと言われていますが、それに比例して物価も高いのが都会です。
従って外食ばかりしていると、みるみるうちにお金が減っていきます。
そして月収の殆どを食事に費やすことになるのです。
確かに都会に住むと便利なお店やおしゃれな飲食店が多い為、食事時間をここで依存してしまいがちになります。
しかし何かとお金のかかる一人暮らしですので、できるだけ抑えるところは抑えていきたいものです。
一人暮らしにあこがれ一人暮らし引越ししてきても、時には外食も良いかもしれませんが、頻繁に外食するとお金があっという間に底を尽きますし、誰も自身の理性にブレーキを掛けてくれないという事を忘れてはいけません。

 

一人暮らしの引越しをすると光熱費に対する意識が変化する

 

一人暮らし引越し

 

実家生活をしていた時に、電気代を意識しながら生活していた人は案外少ないのではないでしょうか。
電気やガスというのは概ね、家族が支払っているもので、子供には直接関わってこない実家の固定費という認識の人が多いでしょう。
しかしこの電気やガス代がリアルに実感するのが、一人暮らしです。
引越しする前まではまるで気にした事もなかった電気代やガス代が、自分宛てに請求が来た時、初めてこれだけ使ったのかを驚愕します。
特に暑い季節になると、エアコンを入れる機会が多いわけですが、エアコンを入れたままにしておくと、電気代が莫大な額になって翌月請求が来ます。
エアコンは快適ですし、よく冷えた部屋の中で冷たくなった布団で寝る気持ちよさは、体験した人にしかわからない良さがあります。
しかしそんな事をしていると、電気代は翌月大変な額になって請求が来るのです。
電気を消し忘れても、エアコンを使い放題使ってもその代金は全部自分名義で翌月に請求が来るのです。
そして一人暮らしを始めて、初めて光熱費節約の大事さに気付かされるのです。
実家暮らししていた時、親が口酸っぱく言っていた電気はこまめに消す事、水はダラダラ出しっ放しにしない事といった基本的生活習慣の重要さが、ここで初めて身に染みてわかるのです。
光熱費に対する意識は実家暮らしをしていても、なかなかピンと来ない部分があります。
自分で実家の光熱費を支払っているのであればまだしも、実際に一人暮らしを始めてみて初めて目覚める経費意識こそが電気代やガス代なのです。

 

一人暮らしの引っ越しをコントロールする工夫

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしをうまく乗り切るコツは、一人の時間を楽しみながらも、その行動の責任は全部自分にあることをよく自覚する事です。
一人暮らしは自由で家族からの干渉や制限のない、生活をする事が出来る反面、生活面や経済的な部分でしっかりと自分を律していかないと、ダメ人間になってしまう可能性があります。
これを上手にコントロールするには、まず乱れた生活をしていないかどうかを、定期的にセルフチェックしていく事が肝心です。
引越ししてきた当初は、自分自身を律しながら生活していったとしても、学校や仕事が忙しくなると、メンタルが乱れます。
その乱れがかたちとなって最初に現れてくるのが部屋の中です。
精神が乱れてくると、家の中の事がおろそかになってしまいます。
そのためものが散らかっていたり、掃除もしっかりと行き届かなかったりするのです。また食生活も乱れていきます。コンビニ弁当や外食が増える事で、野菜不足になりがちになり塩分摂取過多によって、体調不良が起きやすくなります。
疲れが取れにくかったり眼精疲労が続くようなら、栄養不足によって肝臓になんらかの問題を抱えている場合がありますので、一度医師の相談を受けられた方が良いでしょう。
一人暮らしは生活面でも経済的な面でも、全て自身の責任の下で成り立ちます。
体調が悪くてもお金がなかなか貯金できなくても、すべて自分自身の責任なのです。
問題が起きた時、どのようにして対処していくかも含めて上手にコントロールしていかなくてはなりません。

 

実家と違い一人暮らしの引っ越しは出費が増える

 

一人暮らし引越し

 

実家暮らしの時は家賃がかかりませんし、出来やガス代も親が負担してくれていました。
また住民税も親が払ってくれていましたので、自身が負担する費用は食費程度でしたという方は案外多いのではないでしょうか。
しかし引越ししてみて初めて経験する驚きの一つに出費の多さがあります。
一人暮らしは生活の全てを自分自身で賄っていく必要があるのです。
例えば家賃や光熱費、食費や交際費といった生活費、税金や保険代といった自身の生活に直結しないけど強制的に徴取される費用など、一人暮らしの固定費というのは、引越し前の実家暮らしと比べ格段に増加します。
だからといって収入が増える訳でもなく、決められた収入の中で上手にやり繰りしていかなくてはなりませんので、コントロールがとても難しいのです。
実家暮らしは何かと気持ちにも経済的にも余裕があります。
しかし一人暮らしになると、何から何まで自分自身に関する事を、セルフプロデュースしていかなくてはなりません。
そんな苦労をするなら永遠に実家暮らしが良いに決まっています。
しかし果たしてそれで良いのでしょうか。
実家は居心地が良くてもやがて親がいなくなり、自分一人っきりになります。
そして家賃はかからないまでも、住民税や固定資産税が重くのしかかります。
また築年数の経った家は経年劣化によってガタが来ますので、改築も必要ですし、改築費用もかかります。
このように一人暮らしをする事で、住管理のノウハウが早い時期から備わっていれば、イザ実家で生きていく事になったとしても、柔軟に対応する事ができます。
若い時の苦労が長い年月を経た後で生きてくるのです。

 

絶対起きる一人暮らしの引越し後のゴミの問題

 

一人暮らし引越し

 

念願の一人暮らしをする為に引越しをしても、実際に住み出すと、そのマンションやアパートには様々な問題がある事に気づきます。
そしてそれが後悔になるか、反発になるか、それとも如何にして順応していくか?の3つの選択肢の中からどれを選択するかはその人次第です。
その問題の最たる例がごみ問題です。
一人暮らしとは、戸建て住宅ではなく共同生活住宅で行う場合が多いので、共同住宅のルールを知っておかなくてはなりません。
そしてそのルールは、シッカリと法律に従って決められたルールであり、おかしいなと思っても、それがそのマンションやアパートのルールであるため、受け入れなくてはなりません。
ゴミ問題の場合、ゴミ出しのルールが守られていない住民がいると、管理組合から吊し上げにされる場合があります。
決まった曜日の決まった時間、そして決まったゴミ袋に決まったものを入れて出さないと、回収してくれないというトラブルが起きるのです。
一般的にごみ出しに関しては、そのマンションや地域、または知事体によって細かい出し方に関するルールが決まっている場合が多く、その厳格さ故順応できない人も稀にいます。
共同住宅である以上、こうした人を見過ごすと、皆がそのルールを無視してしまいマンションとしての秩序が保てなくなる事を恐れ、過剰に反応してしまうのです。
ゴミ出しにしろペットの問題にしろ、マンションにはマンションのルールがあり、それに従う事を前提に入居しています。
多少息苦しさを感じるかもしれませんが、しっかりと受け入れていく姿勢が一人暮らしには必要です。

 

一人暮らしの引越しの際訪問販売をどうやってかわすか

 

一人暮らし引越し

 

一人暮らしをする中で非常に厄介な存在が訪問販売です。
特に訪問販売が訪問する期間は、春先と昔から決まっています。
春先は日本全国が民族大移動となる季節で、色々な地方から人がやってきます。
また地方から都会に出てきた人の中には、訪問販売の本質を知らずに、言われるがまま話を聞いていると、知らず知らずのうちに商品のローン契約を結ばれたなんて話は珍しくありません。
昨今、多くの新築物件がオートロックを採用していますので、なかなか居住者以外が勝手にマンション内に立ち入る事が出来ない時代となりましたが、それでも未だに訪問販売はなかなかなくなりません。
一人暮らしをカモにする訪問販売の代表格は新聞と浄水器、引越し業者や最近では不動産や電話回線契約の訪問販売が増加しているようで、クーリングオフも増加しています。
オートロックで外部の人が自由に出入りする事が出来ないマンションならまだしも、もし訪問販売が自宅に来た場合、どのようにして交わしていくかですが、まずキッパリと断る姿勢が重要です。
また話を聞きたいが、今から出かけるので聞けませんというのも効果的です。
それでも話を聞くアポを突き付けてきたら、必要ならこちらから連絡しますので、名刺を入れておいてくださいと一言言うだけで相手は満足して帰っていきます。
このように訪問販売業者はあらゆる時間帯、あらゆる口実で話をしようと押しかけてきますが、ポイントは怯えることなく、できるだけスマートに断りを入れるという態度が重要です。
そして相手がどのような人間かもわかりませんので、けして攻撃的に対応してはなりません。

 

一人暮らしの引越しの際水やガスの故障してしまった時

 

一人暮らし引越し

 

引越し前はガスも電気も水道もちゃんと使えていたものが、引越し後しばらくすると、急に使えなくなったなんて話は良く聞きます。
特にリノベーションした物件でよくあるトラブルで、リノベーションすると、建物の中のレイアウトは変わりますが、ライフラインまでは変える事ができません。
従って水道管やガス管は建築時のままだったなんてことは良くある話なのです。
もしこういったライフラインのトラブルが起きた時は、真っ先に管理会社や大家へ連絡を入れる対処と、自分自身で業者を呼んで対処する方法の2つがあります。
ただいずれにしても最終的な工事費用は大家、もしくは管理会社で負担する事になりますので、仮に自分自身で業者を呼んで対応となった時も、後日費用を請求できますので安心してください。
賃貸物件は分譲ではないため、物件の修理費用は大家か管理会社が負担する事になっています。
では電気に関してはどうでしょう?
電気に関しては自分の部屋の電気機器の問題で電気が付かないという話なら、その損害費用は自分自身で負担する事になりますが、マンションや物件の全体の停電であれば、まずは大家さんか管理会社へ連絡を入れ、費用はマンションの大家さん負担となります。
一人暮らし専用マンションなどは、隣同士のコミュニケーションが希薄になりがちになりますし、こうしたトラブルの対処方法も知らない人が案外多いものです。
もしライフラインのトラブルが起きたらどう行動するかに関して対策を立てておくと良いかもしれません。

 

一人暮らしの引越しの際の経年劣化による綻びを修繕してほしい

 

一人暮らし引越し

 

ようやく手に入れて自由、そして一人暮らしでも問題が起きた時の対処が自分自身で出来なければ、一人前とはいえません。
マンションもアパートも築年数が長くなれば、当然綻びが生まれます。
一人暮らしをしている人が大勢住んできたマンションやアパートなら、特に劣化の速度は早まる傾向にあります。
従って長く住んでいる事で起きる問題の一つに綻びの修繕があるのです。
たとえばマンション内のエレベータが最近よく止まるなどの問題は、マンション住民が皆困る事ですから、できるだけ早くに管理会社などへ連絡する必要があります。
またマンション住人が部屋を不潔にしていると、ゴキブリやネズミが出たりする事もあります。
これらも原因の多くが物件の経年劣化に起因するのです。
マンションやアパートの場合、毎月共益費や管理費が別途徴収されていますが、これら劣化の修繕費用は管理費や共益費から支払われています。
隣近所知らない人ばかりの一人暮らし専用マンションであっても、多くの知らない人達が快適に生活するために、管理費や共益費が使われています。
しかし毎月一定額のコストを支払っているにも関わらず、これら経年劣化による問題の多くを解消されないのであれば、管理会社に問題がある場合があるため一度、大家へ相談してみるといいでしょう。
最近は物件管理を管理会社が一任する事が多く、引越し後の入居から退去まで大家の顔を知らないというケースも多くなりました。
しかし物件の所有権は管理会社ではなく大家にありますので、直接話をしてみても良いかもしれません。

 

一人暮らしの引越し後に判明する共有部分の問題

 

一人暮らし引越し

 

引越しをしてからしばらくすると、玄関を出た共有部分、つまり廊下にゴムを擦ったような跡があり、それがいくつもあったためタイルが非常に汚くなっていたので、管理会社へ連絡を入れました。
すると管理会社の担当者はその廊下の汚れはお隣さんAさんが仕事で使用している台車のタイヤが擦れた跡で、いくら言っても台車の使用を止めてくれないらしいのです。
問題の原因がAさんの台車である事はわかりましたが、このまま台車を使い続け、タイヤのゴム跡を付け続けられると、部屋の前の廊下ですし見た目にもあまり清潔ではありませんので、友達を呼ぶ事もできません。
どうしたらいいのでしょうか?
といったマンションやアパートの共有部分に関する問題は、日本全国無数に存在します。
そして共有部分に関する問題の多くが引越し後、実際に住み出してから徐々に炙り出されて来るのです。
共有部分に関する問題はそのくらい根の深い問題である事がわかります。
マンションで一人暮らしをして、特に寝るだけの場所であれば、友人や家族を呼ぶ事もありませんから、気にすることもないかもしれません。
しかしちょっとおしゃれで友達を呼びたくなるような物件で、こういった共有部分に関する問題があると、なかなか友人も呼びにくいのが本音です。
引越し後にこういった共有部分に関するトラブルを抱えた物件なのであれば、管理会社に採算お願いしてみるか、または退去するしか方法はありません。
間違っても直接問題の眼鏡であるお隣さんへ苦情を言う事だけは避けましょう。
トラブルがハプニングに繋がる可能性があります。